仏事基礎知識

仏事の決め事やしきたりなどにお困りではありませんか?
年忌法要の種類をはじめとした、法事・法要の疑問にお答えします

仏事の基礎知識

仏事Q&A

葬儀を手伝っていただいた方へのお礼はどうすればいいのですか?

世話役や手伝っていただいた方たちには、精進落としの席でお礼の気持ちを述べます。
精進落としがお開きになった時点で「御礼」として心づけを渡すのも一つの方法ですが、お金を渡すのが失礼にあたると思われるなら、後日あいさつに伺った時にお礼の品物を渡すのもよいでしょう。

忌中・喪中の贈り物はどうすればよいのですか?

忌中・喪中であっても、お中元やお歳暮は例年通りにしていただいてかまいません。
また、お年玉の場合は表書きを「文房具代」や「書籍代」としてお小遣いの感覚であげるとよいでしょう。これはあげる側、渡す側どちらが忌中・喪中であっても同じです。

法事の日にちは変更してもよいのでしょうか?

法事は親類縁者が顔を合わせるよい機会です。
みんなが集まりやすい日を選ぶのがベストですが、どうしても日曜日や祝日に集中してしまいがちです。
すると、お寺様の行事や予定と重なりやすくなり、希望の日にちに来ていただけない事も。
出来るだけみんなが集まれるように、お寺様の都合がつかないと分かった時点で早めの日程変更をおすすめします。

Copyright(C) Nakahara Sanpoudo All Rights Reserved.